スペイン語はじめました!

いきなりですが、スペイン語強化単独学習はじめました。今日から年末までにある程度会話ができるまで一日出来れば2時間、文法は抜き、会話、聞き取りを中心にどこまでマスターできるかチャレンジします。

今現在の私のスペイン語レベルは、簡単な挨拶、例えば “Hola (Hi)”, “Como estas?(How are you?) “, “Adios (Bye)”, “Gracias (Thanks)”, “Manana (Tomorrow)” くらいしか言えません。 この「言えません」、あえて強調しておきます。「…くらいしか知りません」ではなくて「言えません」です。知っているというのは頭の中でその訳を熟知しているということで、それイコール「言える」わけではないですよね。言えますか?しかも1人で言うのではなく、母国語としている人に恥じらいなく「言える」かどうかが問題です。このスタート地点から3か月でどこまでいけるかチャレンジしてみます。

英語・スペイン語を問わず会話をマスターしたい方、私が英語会話を習得した体験をもとにスペイン語をマスターしていきたいと思っていますので、よければ読んでみてください。

【使う教材】
ノート一冊:いろいろ書き込んでみます。
YouTube:短めの会話を聞きこんでいきます。
Google Translate分からない単語・フレーズはここで速やかに訳します。
Quizlet単語帳アプリ、発音も入っているので聞き取り・会話にはいいです。

【ゴールデンルール】
一日2時間:適当に2時間と言っているのではないですよ。短期習得するにはある程度自分をその言語に浸さないといけないです。その言語の世界に入らないといけないのです。一日30分で習得できないこともないけれど、それは運動系で言えばウォームアップをして実践なしでその日の練習はおしまいみたいな感じですね。最低2時間あれば脳に滲みていくのを感じられます。
文法は無視:会話で大事なのは相手にあたなが言いたいことが通じること、だれもあなたの文法の完成度なんて気にしていません。これは日本人にはつらいですね。「英語教育はまず文法から」が常識ですから。難しいかもしれませんが、これは英会話を習得した私が自信を持って断言できます。文法はあとからで大丈夫、文法を気にすると一生話せませんよ。話せるようになると、読めるようになり、そうすると文法が自然と気になってきます。そのときに習得できますから。「大学受験」とか「期末試験」など、学校で文法の勉強をせざるを得ない方にはちょっとつらいかもしれませんが、そういう立場の人は会話勉強と受験勉強は分けてください。
聞く会話速度を落とさない:これ、NHKなんかの英会話の番組とか見ていて思いますが、1つか2つのセンテンスについてじっくり30分くらいかけてあーだこーだやってますね。こんなのでは、一生聞き取れませんよ。例えばこれは車を10キロで走らせて運転技術を習得するみたいなもんです。はじめから速度は落とさずネイティブのスピードでやり抜きましょう。聞き取れなければ聞き取れるまで何度も聞き返してください。